道の真ん中で財布を拾った

つい最近財布を拾った

旦那子供と駅前のバスターミナル付近を歩いていると、横断歩道の真ん中に黒い財布が落ちていた。

二つ折りの財布で男性のものとすぐに分かるものだった。周りには人は見られず、持ち主らしき人は見当たらなかった。

拾って持ち主の番号などが無いか中身を確認してみる。

財布の中には現金が結構入っているようだった。

すっきりした財布でカードは殆ど入っていない。番号や身分証明書は入っていなかったが、保険証は入っていた。

結構入ってるみたいだし今日は焼肉だねと馬鹿な冗談を言う旦那に交番を探させて、二人で警察に届けた。

交番で落し物を警察官と確認

警察に届けると、拾った場所と時間を聞かれ、警察官が記録していった。

中身もきっちり確認し、中に入っているものも全て細かく記録していく。

大変そうだが慣れた手つきだ。

そして入っている現金を2回、数えた。全て1万円札で、ぴったり10万円入っていた。

これは大金である。

警察官は我々に、紛失物は持ち主が見つからないまま3ヶ月が経過すると拾った人のものになると説明し、これは任意だが我々の連絡先を記録に残すかどうか尋ねてきた。

もちろんそこは連絡先を告げさせてもらったが、10万円を落とした本当の持ち主の事を思うと見つかってくれと思った。

本当に。持ち主が無事に現れるか知りたかった我々はしっかり住所氏名連絡先を残して交番を後にした。

知らない住所からの手紙が届く

忘れた頃に郵便ポストに封筒が入っていた。中身を確認してすぐに財布を拾ったことを思い出した。

中にはなんと2万円と、かすれそうな文字の手紙が入っていた。

手紙の内容はこんな感じだった。交番に届けてくれたことにとても感謝していることが書かれていて、この財布のお金は自分の貴重な年金を下ろしたばかりの全財産であって、落としたことを気づいたときは困り果てて途方にくれていたとも書かれていた。

持ち主は年金暮らしの男性らしく、お礼としてしっかりと2割の額を送ってくれたのだ。

持ち主が見つかって良かったとは思ったが、自分だったらそれでも2万円の出費は痛いよなとなんだか複雑な気持ちになった。

道端で財布を拾った。中には現金10万円が入っていた。持ち主の連絡先らしきものは見つけることが出来ずに結局警察に届けた。

すると後日、知らない名前からの郵便が来た。

1年程通っているホットヨガについて

家から歩いて15分程度の場所にスポーツジムがあり、1年程前にホットヨガスタジオが新たに出来たのでジムの会員になりました。

会費は月額一律で、いつどの施設を使ってもいいシステムです。

目下は一週間に二回以上通っています。

スタート時間が決まっていて、人数制限もあるので開始30分前から整理券を配るシステムになっています。

人気のレッスンは満員で入れない事もたまにあります。

ホットヨガスタジオはどこに行っていいの?と悩む人も多いと思いますが、今ではインターネット上に口コミや比較情報が沢山溢れています。

それでも悩んでしまう人は、「ホットヨガランキング」などで上位になっているホットヨガスタジオに行くのがおすすめです!

心からリラックスできる

中に入ると床暖房が心地よく効いていて、足からじんわりとぬくもりが伝わってきます。

待ち時間はヨガマットを敷き、その上に持参したお気に入りのバスタオルを敷いた上で横になって待つのですが、これがとても気持ちいいのです。

日常感じる事の無いほんわかした暖かさが背中や二の腕、太ももやふくらはぎから伝わる経験ってあまりないですよね。

本当にリラックスできます。

ヨガ初心者のレッスン

呼吸を整えて、ゆっくりとした動きで体の隅々まで気を配ります。

先生を見ながらまねをするのですが、奇麗にやっているつもりでも、たまに鏡に映る自分が目に入ると幻滅します。

トドみたいでした。時間は60分で、途中に水分補給の時間が何回もあります。

このレッスンは比較的楽なので、70歳代の方も大勢いらっしゃいます。

昨今の健康志向には目を見張るものがあると感じました。

出来ないから恥ずかしいのではと思って入会したのですが、みんな案外適当なのでホッとしました。

ヨガ中級者のレッスン

すこし頑張って中級者のクラスを受けた事がありますが、これはきつかったです。時間は40分と少し短めでした。

首筋が翌日痛くて大変でした。自分の体力の無さを改めて思い知りました。

先生はカウントしながら淡々とポーズをとってらっしゃいました。

流石プロ!素晴らしかったです。汗は容赦なく出てきます。

汗だくとはこのような状態をさすのでしょう。

毛穴が最大限に開いた感じで、汗が吹き出てくるのがわかります。

あぁ、私今頑張ってるんだな、という実感がわきました。

スタジオレッスンの後、シャワーを浴びてから帰宅します。

一仕事やり終えた感があって、レッスン後はとても気持ちいいです。

これからも続けていきたいと思っています。

約1年程通っているホットヨガについての私の経験を述べました。

ホットスタジオの状況、レッスンの雰囲気、難易度による違いなどを簡単に記載してあります。

お気に入りのファンデーション!

新しいファンデーションが欲しい

友達に化粧品の試供品を集めるのが趣味という方がいます。

もともと友達は、美意識が高く化粧品についてとても詳しい人。

いつも化粧品を買い替える時にアドバイスを貰っています。

化粧品がなくなったからと言って、同じ物を買い替えればいいのですがやっぱり色々な物を試してみたくなるものです。

ちょうどファンデーションがなくなりそうだったので早速友達に相談してみることにしました。

すると友達がわざわざ試供品を持って家に立ち寄ってくれました。

まずは試供品から!

友達が持ってきてくれたのは、RMK・シャネル・カバーマークの3つの試供品です。

ファンデーションを買う前は絶対に試供品で、どれが自分に合うかを試してみるのが一番とのこと。

中でもオススメされたのが、友達が今使っているカバーマークです。

カバーマークの中でも有名なクリームタイプのファンデーション。

他の2つはパウダータイプのファンデーションだったのですが、私の肌はどちらかと言えば乾燥肌です。

それを知っていた友達だからこそ、カバーマークのファンデーションをオススメしてくれました。

そして、まずは友達オススメのカバーマークのファンデーションから使ってみることにしました。

オススメのファンデーション

実際に使ってみると友達がオススメしていたのも納得です。

クリームタイプだからこそ乾燥も防いでくれるし、それに何と言ってもカバー力が抜群です。

少しの量でスーっと伸びるので少々お値段が高いこのファンデーションも、毎回の使う量は少量でいいので長く使えるという事から結果、コスパも良い!

他2つも友達のオススメではありましたが、次回の楽しみに取っておくことになりました。

試供品を使用して1週間後、百貨店のカバーマークのお店へ。

美容部員さんに色合わせをお願いして、カバーマークのファンデーションを購入。

ファンデーションと一緒にオススメされた化粧下地も一緒に買う事になりました。

コスパ、カバー力、乾燥を防ぐこのカバーマークのファンデーションは今ではお気に入りのファンデーションなりました。

他の2つも気になるので、このファンデーションが切れたら試してみようと思います。

ファンデーションをどれにしようか悩んだ時、友達にオススメされたファンデーションがとても優秀でした。

今ではお気に入りのファンデーションの一つとなっています。

ハムちゃんがわが家へやってきた!

飼い始めたきっかけ

私はもともと動物が好きです。昔から、一人暮らしを始めたらペットと一緒に暮らしたいと思っていました。

でも残念ながらうちのマンションでは、犬・猫の飼育は禁止されています。

引っ越しをする時にペット可のマンションも探してみたのですが、どうしても家賃が高くてペット可のマンションは断念することになったのです。

それでも諦めきれなかった私は、マンションの管理人さんに相談してみることにしました。

すると、小動物はどう?鳴き声もしないし、他の人に迷惑がかかることもない。

そうだ、ハムスターなら飼ってもいいよと許可を貰えることになりました。

実はハムスターは飼育経験がなかったので少し不安でしたが、せっかく許可を貰えたので念願だったペットを飼う事に決めました。

早速ペットショップへ

許可を貰えた次の日、早速ペットショップに立ち寄ってみることに。

そのペットショップには少し大きめのキングハムスターとジャンガリアンハムスターの2種類がいました。

どちらにすればいいのか悩んでいた時、カゴの中から出てきた一匹のハムスターが私に興味津々で寄ってきたのです。

店員さんによれば、まだ生まれて2ヶ月しかたっていない女の子だと判明。

これも何かの縁だと思って、この子を飼う事に決めました。

新しいおうち

店員さんに飼い方の詳しいアドバイスを貰った後、カゴなども購入。

飼うために必要な物全てを揃えて、いざ自宅へ。

早速、新しいおうちの準備を始めハムスターのお引っ越しが完了です。

名前はありきたりではありますが、ハムちゃんに決定!

始めはオロオロしていたハムちゃんも、今では手乗りになるほど慣れてくれました。

ふとしたハムちゃんの行動に毎日癒されて、仕事で嫌な事があっても、ハムちゃんの行動を見ればそんな気持ちも吹き飛びます。

家に帰宅するのがとても楽しみになりました。

飼育経験がない私なので、ハムちゃんが少しでも長生きしてくれるように、もっとハムスターの飼い方を勉強していきたいと思います。

念願だったペットを飼えることになりました。ハムスターを飼い始めたきっかけや、はじめてのハムちゃんのお引っ越しの事を書いてみました。

初めての絵付け体験

初めての絵付け体験

先日の、友人と知り合いの方の陶芸展を観に行きました。

陶磁器の作品に藍で絵付けをされているものです。

龍が一面に描かれた壷や、かわいい創作箸置き、お皿等の陶磁器等を展示されていました。

すばらしい作品をみていると、作家の先生が「絵付け体験コーナーがあるのですが、どうですか?」と言われました。

友人が体験をしてみたいと言うので、私は見学をするつもりでしたが、「一緒にしよう」と二人分の支払いをしてしまい、急に私も参加することになりました。

絵心のない私にどうしろというのでしょうか。「絵はへっぽこでも、先生の作品が手に入るせっかくの機会だよ」と友人に言われ、なるほどと思い参加することにしました。

絵付けの難しさ

先に体験されている方の作品を見せていただくと、なんとも味のある絵を描かれています。

絵心のない私としては、なんと無謀なことをしたのかと後悔しましたが、後悔先に立たず。

お皿は4枚ほど形が違うものが用意されていて、その中の一枚を選びます。

私が選んだのは四角い小皿です。友人は魚の形をしたお皿でした。

お皿を決めると、まずは鉛筆で下書きをしてその後、筆で描くのですが、下書きの段階でもう心折れています。

「やっぱり先生描いて下さい。」と何度か言いそうになりましたが、先生が描くともはや作品になってしまうので、値段がぽーんと上がります。

なので、いまさら辞めるわけにもいきません。

次に筆で藍を溶かしたものを下絵に塗っていきます。

変な汗をかきながら絵を塗っていると、なぜか外国の方が数人来られ、体験している私達を近くで見るではないですか。

なにか、英語で説明しています。

変な汗は止まりません。手も震えます。絵の線も曲がります。

花を描いたのですが、なんだかな~という出来でした。

それでもお皿が素敵なので、絵はへっぽこでもなんとかまとまって仕上がりました。

そのまま乾燥させて、数日後に焼き上げて完成とのことでした。

出来上がりの楽しさ

「お皿が焼きあがりました」との連絡を頂き、昨日受け取りに行きました。

展覧会ではお皿一枚5,6千円以上するのですが、絵がへっぽこなだけで同じお皿です。

早速使ってみました。

もちろん、絵が見えないように自分が描いたところに盛り付けましたけどね。

やはり絵はへっぽこですが、お皿の素敵なこと。大満足でした。

友人と陶芸展に行き、思いがけず絵付け体験をすることになりました。

観るのと描くのは大違い、絵付けに四苦八苦したことなど絵付けの体験を書いています。

大使館に行ったときに納得できない対応をされた

知人の婚姻手続きの関係で在タイ日本大使館へ訪れた

在タイ日本大使館なんて旅行でタイに来た人にはパスポートを無くしたとか非常事態が起きた場合でないかぎり無縁なところ。

タイに住んでいても公的手続きが必要なとき以外はあまり用の無いところである。タイに居住する場合はこの大使館に在留届を出すのだが、今はインターネットで全て済んでしまうので楽なものである。

日本と同じように、結婚とか出産とか、役所に出向かなければいけない用事ができた時くらいしか来ない。

そして、日本に住む知人が、タイ人と結婚することになったので、タイ滞在者の自分がお手伝いすることになった。

館内は完全に日本

役人は殆ど日本人、タイ人もいるが日本語を完璧に話すのでちょっとだけ日本に帰ってきたような感覚になる。

しかし、訪れる人はたまにタイ人がいるので役人がタイ語で対応していることもある。

日本にいるときは何度か引越しをして色々な役所を訪れたが、対応はどこも同じなようだ。

しかし事件は窓口で起きた。

必要な書類を作成する為に私は知人から預かった戸籍謄本や委任状など各書類を提出したのだが、不備があったのか、窓口の女性が考え込むような、腕を組んでうーんというようなしぐさをしてしばらく悩んでいた。

自分は、あの書類が足りないのかな、でもこれで補えるのでは?と思い、「この書類がこの証明の替わりになります」と説明した。

すると何が悪かったのか女性は突然こちらにキッと目をむけ「そんなこと分かっています!」とかなり強い口調で言った。

本当にこう言った。

いきなりキレたのだ。

そして理解できないといわんばかりに首をひねり、本当に人を馬鹿にしたような態度を取った。

あっけに取られた。

しかし、私は手続きしてもらう以外成すすべが無いので立ち尽くすのみ。

その後も窓口の女性は低い冷たい口調で対応し、さっさと書類をチェックして完全に怒ってますという感じで引き換え伝票を発行し、なんとか手続きは終えることが出来た。

だが今度はこちらの気持ちがおさまらない。

こちらの気持ちのモヤモヤがおさまらない

大使館を後にしてからもあの対応にイライラがとまらなかったが、同じタイ在住者の友人にこの話をしたところ、友人はその職員の気持ち分からんでもないと言った。

これは日本でもタイでも同じ事で、毎日毎日いろんなケースの人があらゆる用事を持ってきて、中には変な人や何度説明しても分からない人が来る場合でも対応するまで帰ってもらえないし、でも役所側の失敗は許されないとなると、日々あんなところに閉じ込められて対処しなきゃなんないなんて、頭おかしくなりそうになるんじゃない?という言い分だった。

なるほど確かにそうかもしれないと、この友人に気持ちを救われたのだった。

知人の婚姻手続きの手伝いでタイにある日本大使館に行ったのだが、窓口の職員に突然切れられた。

本当に訳が分からなかった自分はただ立ち尽くすのみだった。

グアムでサプライズ!

仕込み編

女4人でグアム旅行に行き、そこで、誕生日祝いと結婚祝いをサプライズでしよう!ということになりました。

HardRockCafeというレストランで、誕生日サプライズしているのを見たことがあり、やるならぜひそこでやりたいと提案。

「お祝いしたい」とレストランにお願いするのは当日でも大丈夫…とのことでしたが、何よりも英語が心配。

そこで、日本から、そのことを伝える英文をメモしていき、お店の人に見せることに。

いざサプライズ本番

当日、レストランに行き、別の友達がトイレに行くふりをして作戦決行。

お店のスタッフさんと何やら話している…その様子が私たちがいたテーブルから丸見えで、誕生日祝いの友達、結婚祝いの友達にばれないか、かなりヒヤヒヤしました!(後で聞いてみたら、全然気付かなかったとのことで良かったです)

「20時頃にやります」とスタッフさんに言われ、その時点でまだ19時10分ほど。

料理はほぼ終盤で、なんとかだらだらと時間をつなぐ私ともう一人の友達。

すると、20時になる20分ほど前にステージの上に椅子が2脚置かれ、店内の曲が変わりました!(予定より何故か早かった!!)

まず結婚した友達がステージ上に誘導されます。

このとき結婚祝いの友達は、「え!?(別の友達の)誕生日祝いじゃないの!?」と。

さらにその後、誕生日祝いの友達もステージ上へ。

このとき誕生日祝いの友達は、「え!?なんで私!?」と。

そう、私ともう一人の友達(企む側)は、それぞれに「誕生日祝いをやるから」「結婚祝いをやるから」と言っておいたのです。

つまり、お互いがサプライズする側と思ってたらされる側だった…という。

そのあとは、スタッフさん、店内にいたお客さん全員に祝福されながら、パフェのローソクをそれぞれ消し、ステージ上でダンスタイム!

主役の二人とスタッフさんでちょっと踊った後、店内のお客さんフリー参加でみんなでダンスタイム!

二人ともすごく喜んでくれて、サプライズは大成功でした!

女4人でグアム旅行へ行った際に、レストランで誕生日祝いと結婚祝いをやりました!

想像以上に盛り上がって、企画する側でしたけどとても楽しかったです。

個人旅行のよいところや、気を付けることなど

個人旅行の楽しみについて

20代の頃、もっと外国へ旅しておけばよかったなと最近つくづく思うようになりました。

パソコンやスマホで、世界の国々の動画や画像など、検索するのはとても簡単なので、それらを見ているだけで旅している気分にはなるものの、自分の中で実感として残るものはあまりないと感じます。

20代に旅したところは、主にその国の大都市だったので、観光しやすく、宿も問題なく泊まれ、移動もほとんど問題なかったので、個人旅行はだいぶ旅費を抑えることができました。

個人旅行の良いところは、スケジュールを自由に思い通りにたてられるところで、行きたい場所をできるだけまわれるので効率もよく、短い時間でも濃密な旅に仕上げられるところだと思います。

大都市なら移動のための交通網、路線バスから高速バス、地下鉄、列車などが整備されており、1日乗車券や割引チケットなどの設定もあるので、組み合わせられれば移動費も安く抑えることができます。

添乗員同行ツアーよりも、現地の人と触れ合う機会が圧倒的に多いため、コミュニケーションも楽しみのひとつで、ぶっきらぼうに言われたり、現地の言葉で話しかけられたり、優しい人もいればそうでない人もいろいろで、国民性も感じるシーンも度々あります。

やっぱり個人旅行は若い時がベストかもしれません

ただ、個人旅行の場合は、何もかも自分で行わなければならないので、身の安全は最大限に注意を払う必要がありますし、食事についても、昼食と夕食は現地のお店を探したり、スーパーマーケットを利用したりと、すべて手配しなくてはならないところも、労力を要します。

旅先という不慣れな環境の中で、観光でクタクタになっているところへ、食事も、となると結構大変で、迷いに迷って決めたお店で食べたのが、味のほとんどしないお肉だったりと、今となっては笑える思い出ですが、当時は本当にがっかりしたものです。

でも、20代の頃だったのでフットワークも軽かったので、乗り切れたのかなと感じます。

結婚をすると、個人旅行は、家族の意向を取り入れることになるので、20代の頃のようにはスケジュールを組みことは事実上難しいとなると、行ける場所が限られてきます。

それでも、やっぱり旅はとても好きなので、またどこかの国へ行きたいなと検索する日々です。

個人旅行は、スケジュールを自由に作れる、多くの場所を周れるなどのメリットや、気を付けるべきことや大変なことなどを書いています。

トレチノインとハイドロキノンで顔のシミを撃退

シミが目立ち始めた時期

私は10代の頃、屋外プールでのアルバイトをしていました。

当時はとても若かったし、朝が早い仕事だったので化粧をしないで通勤したこともたくさんありました。

UVのケアも何もしていなかったので、毎日大量の紫外線を浴びていたと思います。

それから5年ほどで結婚をし、出産をしました。

出産後にシミが少しずつ現れ始めたのが、最初に気になった時期です。

でも産後は一時的にシミができたりすると聞いていたので大して気にもせず、相変わらずUVケアを怠っていました。

しかしそれから3ヵ月経っても、半年たってもシミが消えることはありませんでした。

むしろどんどん濃くなっていたのです。

そして夫に、最近シミが濃くなったねと言われてこのままではいけないと思い、顔のシミのケアを開始することにしました。

ハイドロキノンとトレチノインを始めた理由

顔のシミを薄くする方法をインターネットで調べていたら、トレチノインとハイドロキノンを併用してシミが薄くなるというのをたくさん見つけました。

詳しく調べてみると、トレチノインという肌を再生させる効果のある化粧品と、ハイドロキノンという肌の漂白剤と言われるほど白くする効果のある化粧品だったのです。

私も早速この2つを注文して試してみることにしました。

半信半疑ではありましたが、家でできるものでやりたかったので挑戦しました。

はじめて10日ほどで効果が出始めました。

顔のシミの部分の皮がむけ始め、その皮むけが終わるとシミが薄くなっていたのです。

抜群の効果に驚きましたが、これでシミを解消できると思いとても嬉しくなりました。

効果と現在

その後も効果は順調に続いていて、今ではシミ数個がほぼ消えてしまいました。

まだまだたくさんシミは残っているのですが、全体的に薄くなっています。

そして肌のくすみもなくなり全体的に明るくなったと思います。

シミを消すのはそんなに簡単ではありませんが、継続してケアをして薄くできたらいいなと思います。

若い頃にUVケアをせず、20代後半で大量のシミに悩まされましたが、トレチノインとハイドロキノンを使ったケアをしてシミを薄くすることに成功しました。

雨の試合のあとの大掃除

雨の中の試合の後は

長男のサッカーの試合観戦を家族でしました。今回は生憎の雨です。

もしかして中止とか途中で延期になるかな、なんて思っていましたが、サッカーは雨でも雪でもするスポーツですから、今日は小学生と言えども決行でした。

子供達が頑張れば頑張るほど、汚れて、もとの色がよくわからなくなってくるユニフォームと靴。

応援しながらも頭をよぎるのは、帰ってからの洗濯のことです。

2勝2敗、なかなかいい試合をして終了です。お疲れ様。雨でずぶ濡れだけど、なんだか晴れやかな顔の子供達。

また一つ成長したのかもね。

さて、ここからが私の仕事です。

帰ってから、まず玄関で服を脱いでもらって、そのままお風呂へ直行してもらいます。

靴はまず外のホースでじゃーっと砂を落とします。

ついでにユニフォームも簡単に外で砂を落として、いよいよ本格的に家の中で洗濯です。

泥んこ汚れの救世主

泥の汚れって本当にしつこくて、なかなか落ちないんですよね。

でも、数年前にお友達から教えてもらって愛用しているのが、固形の「ウタマロ」という名の石鹸です。

水色の大きい石鹸で、パッケージもちょっと時代を感じさせるものなのですが、とにかくこの石鹸の威力がすごいのです。

泥汚れも綺麗になるし、鼻血まで落ちる!

泥んこで帰ってくるし、よく鼻血も出す息子にはぴったりの石鹸なのです。

洋服の泥汚れは、まず汚れた部分をウタマロ石鹸をつけてゴシゴシ泡立てたら、あとはそのまま洗濯機へポイです。

こうやって洗濯すると、泥汚れの跡形もなく、とっても綺麗になるのです。

ウタマロに出会ってからは、運動靴や上履きもこれで洗っています。

雨のなかでドロドロになった息子のユニフォームもぐんぐん綺麗になります。

この作業、毎回、とっても大変なんだけど、これって息子を持った親の醍醐味なんだろうなと思うと、なんだか嫌いじゃないんですよね。

汗かきながらゴシゴシ洗濯している自分の姿に少し酔っています。

仕上げは玄関

夜のうちに洗濯を済ませておいたので、翌日は玄関と靴です。

昨日は汚れをさっと流しただけなので、更にウタマロ石鹸で綺麗にゴシゴシ。

ついでに応援の家族の靴やら長靴もドロドロなので、一緒にゴシゴシ。

それが終わったら、砂やら泥やらで汚れている玄関を掃き掃除、さらに水拭きで、完全に綺麗に。

これで、一連の試合後の作業が終了です。

やり終えたあとの達成感がすごく気持ちがよくて、雨の試合は、嫌だなという気持ちと同じくらい、少し楽しみでもあります。

息子が雨の中、サッカーの試合に行くと、その後の洗濯などの母親の仕事が本当に大変です。

でも、この一連の作業が母親冥利につきるなと、癖になります。