脱毛エステに繁忙期はある?空いてる狙い目時期もチェック

脱毛エステはなかなか予約がとれない。
そういう声もよく聞きますよね。
脱毛エステの繁忙期をあらかじめ知って、空いているときを狙って予約をとることも一つの手です。この記事では、脱毛エステの繁忙期についてご紹介します。

1年の中の繁忙期

脱毛エステの繁忙期は、夏前になります。
これから薄着になるから脱毛サロンに行かなくちゃ!という心理が働くのは、皆さんが予想している通りでしょう。
具体的にいうと、5月~8月くらいまでが脱毛サロンの繁忙期になるそうです。
脱毛エステを始めるのは秋や冬などの閑散期がおすすめです。
その理由は三つあります。
まず一つ目は、閑散期のほうが予約を取りやすいことです。
秋や冬は毛の処理が億劫になる時期です。
その時期には、繁忙期と比べて予約がスムーズにとれるでしょう。
二つ目は、閑散期の方がお得なキャンペーンをやっていることが多いということです。
何もしなくてもお客さんが来てくれるときと、お客さんを獲得しにくい時期だったら、後者のほうが呼び込みに力をいれますよね。
サロンにそのような心理が働くため、閑散期のほうがお得にサービスを受けられる場合が多いです。
そして最後は、来年の夏にある程度処理が楽になるためです。
秋や冬からスタートすれば、来年の夏には脱毛も大分すすんでぴかぴかの肌で自信をもって薄着を楽しめるはずです。
以上の理由から、脱毛エステをスタートさせるのは、春・夏よりも秋や冬のほうがおすすめです。

一か月の中で予約がとりやすいのは?

月の中にも、予約をとりにくい日というのが存在します。
それは月末です。
何故なら、月ごとの目標数字を達成するために新規顧客の獲得を優先する場合が多いからです。
新規顧客の獲得のために、既存の顧客の予約を絞る場合があります。
そしてそれは追い上げをするタイミングである、月末であることが多いのです。
そのため、月初のほうが比較的スムーズに予約をとれる場合が多いでしょう。

予約が取りにくい時期をうまく避けることが、ストレスなくスムーズに予約をとるために必要です。

全身を脱毛エステでしっかり脱毛するまでに通う期間とは

脱毛エステに通うことを決めたのではあれば、中途半端に終わらせることはしたくないですよね。
脱毛エステで全身しっかり脱毛するためには、どのくらいの期間通えばいいのか綺麗になるのでしょうか。

脱毛エステのメカニズム

脱毛エステにどれくらい通えばいいかをご紹介する前に、まず何度も通わなければならないのかについてご説明します。
フラッシュ脱毛は、簡単に言うと黒い色素に反応する光を当てることで、毛を生やす細胞を破壊するというメカニズムで、脱毛を行うものとなります。
フラッシュ脱毛でアプローチできるのは、人間の毛の生えて抜けるサイクルの中の成長期とよばれる成長段階の毛になります。
そうしてライトを浴びせ、毛母細胞や毛乳頭を破壊し、徐々に毛を生えにくい状態にします。
しかし、一度ライトを浴びたらすぐ毛母細胞や毛乳頭が完全に破壊されるわけではありません。
さらに毛によって毛が生え変わる周期が違うということもあるため、全ての毛の毛母細胞と毛乳頭を破壊して毛を生えにくい状態にするためには何度か通う必要があるのです。

終了までにどれくらい通えばいい?

それでは大体どれぐらい通えば満足のいく結果が得られるのでしょうか。
個人差やサロンによる差はありますが、2~3か月に1回のペースで1年半から3年くらい通う必要があります。
道のりが長いなあと思う方もいるかもしれませんが、通う度にムダ毛がどんどん目立たなくなっていきますし、長い時間をかけてでも通う価値はあるでしょう。
もしもっと短い期間で全身脱毛を完了させたいと思うのであれば、フラッシュ脱毛ではなく医療レーザー脱毛を選択するのも一つの手です。
医療レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛と比べて強い威力のレーザーを使用するため痛みがありますが、回数は5回から6回で終了する場合が多いため短い期間で脱毛が終了します。

フラッシュ脱毛で脱毛を完了するのにはある程度時間がかかります。
その期間をぐっと耐えるか、それとも痛みに耐えて医療レーザー脱毛にするのか。
その判断が必要となります。
ご自身が何を最重要視されているのかを考え、ぴったりのサロンを選択していただければ幸いです。

脱毛エステで行われるアフターケアとその後の過ごし方について

脱毛を行うということは、少なからず肌に刺激を与えます。
そのためアフターケアが大変重要となり、帰宅後の過ごし方も大切になってきます。

脱毛エステでは、どのようなアフターケアが行われるの?

エステサロンで行われるアフターケアは、サロンごとに異なります。
しかし基本的には、冷やすことと、保湿ケアを行ってくれます。
レーザーによって肌が熱せられるため、冷たいジェルを塗る、もしくは氷などで冷やしてくれます。
また、レーザーによって肌が傷ついている状態なので、保湿ケアのためのジェルも塗ってくれるサロンが大半です。
お店によっては美白効果や痩身効果があるジェルを塗ってくれる場合もあります。
一方、冷却はしてくれても保湿のケア用のジェルやローションは塗ってくれないサロンもあります。
どのようなアフターケアが行われているのかどうかも店選びの判断基準に入れるのもおすすめです。

施術が終わったら、どう過ごすのが正解?

サロンによって照射威力や方針にも違いがあるため、サロンの方のいうことをよく聞いて、指示に従ってください。
ここでは、基本的な自宅でのアフターケアについてご説明します。
施術当日気を付けるべきポイントは大きく二点あります。
まず一点目は熱をもたせないことです。
脱毛の施術後は、レーザーによって肌が熱をもっている状態です。
そのため、さらに熱をもたないように気を付けましょう。
具体的には、

  • 湯船につからないこと
  • サウナに入らないこと
  • また汗をかくような激しい運動を控えること

などを心掛けてください。
もう一つは、保湿を心掛けることです。
肌が乾燥している状態だと、最悪施術を受けられなくなることがあります。
また受けられたとしても、肌が乾燥している状態だと施術中痛みを感じることがあります。
そのため普段から保湿をしていただければと思います。特に施術直後はしっかりと保湿をおこないましょう。

以上、施術後のお店と自宅でのアフターケアに関するご紹介でした。
お店でも自宅でも基本的には冷やす、そして保湿する、この二点が重要となってきます。

痛みはないの?脱毛エステの施術による刺激の強さとは

最近一般的な存在になってきている脱毛エステ。
しかし痛そうなイメージもあり、受けるのをためらっている方もいるかと思います。
この記事では脱毛エステの施術による刺激の強さについて、ご紹介いたします。

フラッシュ脱毛の痛みについて

フラッシュ脱毛で感じる痛みについては、個人差やサロンによって違いますが、ほとんどない場合が多いです。
あったとしても、輪ゴムでぱちんと弾かれる程度の痛みである場合がほとんどです。

ただ例外なのは、VIOラインや顔など肌が薄い部分でしょう。
この部分に関しては、痛みや熱さを感じる人もいるようです。

輪ゴムではじかれるくらいの痛みである場合がほとんどですが、時々痛みを感じる方もいるようです。
しかし、我慢できないくらい痛いという人はかなり稀です。

また、肌が薄い部分はそう多くはないため、施術時間も短いです。
以上のことから、フラッシュ脱毛に関しては痛みについてあまり心配する必要はないでしょう。

それでも痛みが不安な場合

とはいえ、痛みがどうしても不安な方もいるかと思います。そういう方は、一度フラッシュ脱毛を体験してみることをお勧めします。
ほとんどの脱毛エステでは、お得な体験コースが用意されています。

脇や顔など、肌が薄く敏感な部分で格安な値段で試してみて、痛くないと分かってから契約をすることをおすすめします。
体験コースを使えば痛みに関して以外でも、サロンや施術の雰囲気も知れるためいいと思います。

値段も格安なので、万が一やっぱり痛くていやだとなっても大きく損をすることはありません。
また、サロンによっても痛みの程度の大小はあると思うので、仮に痛かった場合でも他のサロンだと痛くなかったという場合もあります。

複数のサロンを体験して、痛みが気にならないサロンを選ぶというのも一つの手だと思います。

フラッシュ脱毛であればほとんど痛くないため、痛みを心配する方にはおすすめです。

脱毛エステの予約から施術を受けるまでの流れについてご紹介

脱毛エステは未知な世界で少し不安という方も中にはいらっしゃるかと思います。
この記事では、脱毛エステの予約から施術を受けるまでの流れについて簡単にご紹介させていただきます。

予約のとりかた

脱毛エステは、電話予約、Web予約、サロンでの予約などで予約がとれます。
先の予定が分かっていて予定が組みやすいかたは、脱毛に行った際次の施術の予約をサロンでして帰るとスムーズでしょう。
また忙しい方もWeb予約というものがあります。

Webで空いている日にちを予約できるのでお手軽です。
またチェーンのエステの場合、初回の施術を受けた店舗以外のところで次の施術が受けられるところも多くあります。
そのため、自分の予定に合わせて空いている店舗にWebでお手軽に予約をとっていくことも可能です。
また、急な予定変更が起こっても決められた期限内ならキャンセルもWebでお手軽にできてしまう場合がほとんどです。

お店に行ってから終わるまで

予約をとって、実際にお店に行った後はどのような流れなのでしょうか。
まず、来店したら名前と予約の旨を伝えましょう。

そうすると、簡単なカウンセリングシートのようなものが渡されます。
肌に異常はないか、市販薬を服用していないか、日焼けはしていないかなどのチェック項目があるため回答しましょう。

次に、部屋に案内され着替えを渡されます。
着替え終わって待っていると、スタッフの方が到着します。
シェービングのサービスがある場合は、まずシェービングしてくれます。

その後、ジェルを塗り照射に入ります。
終わったらお店によってはアフターケアをしてくれます。
終わったら着替えをして、お化粧を直して受付に向かいます。

最後に次の施術の予約をして終了です。
時間は、サロンによって違いますが全身脱毛の場合は大体2時間前後の場合が多いです。

脱毛エステの予約から施術が終わるまでの一連の流れの中で、複雑なことは特に何もありません。
予約もWebでお気軽にとれちゃいます。
もし不安なことがあれば、お店の方になんでも相談しましょう。

脱毛エステで全身脱毛するために必要な費用の相場は?

脱毛エステに興味があるものの、値段が高そうといって躊躇している方も多いのではないでしょうか。
脱毛エステで全身脱毛するためにはどのくらいの費用が必要でしょうか

脱毛エステの種類ごとの費用

脱毛エステには、大きく分けてニードル脱毛、医療レーザー脱毛、そしてフラッシュ脱毛の3種類があります。

この中で一番高額なのはニードル脱毛です。
ニードル脱毛の場合は、1分ごとや1本ごとで値段が定められている場合が多いです。
1分あたり500円から600円くらいが相場です。
1分あたり10本くらい脱毛できると想定すると、全身脱毛するにはかなり高額であることが分かりますよね。
もし全身をニードル脱毛で脱毛すると、数百万かかります。

もう少しお手頃な価格で受けたい場合、フラッシュ脱毛か医療レーザー脱毛のほうがおすすめです。

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の費用比較

それでは、フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の場合の
費用相場はどうなのでしょう。
医療レーザー脱毛の場合は、クリニックによって差はありますが
5回で30万円から40万円くらいが相場なようです。

フラッシュ脱毛の場合だと、医療レーザー脱毛と比べて1回あたりの値段が比較的安価です。
医療レーザー脱毛の場合と比べて、医師免許を持った人が施術を行うわけではないこと、また機械の威力も比較的弱いことがその理由として挙げられます。
大体5回で10万~20万、またはそれ以下の値段になります。
しかし、医療レーザー脱毛の場合は5回で十分な効果が得られるのに対し、フラッシュ脱毛だと5回では脱毛が終了しません。
最低でも10回以上は行く必要があるでしょう。
脱毛が終了するまで通うと、30万~40万程度が相場になります。

1回1回の料金はフラッシュ脱毛のほうが安くても、フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の費用相場はあまり変わりません。

どの種類の脱毛サロンを選んでも、高い買い物であることには変わりありません。
脱毛をする際は、上記の相場を参考にしながら、慎重にサロンを選択することをおすすめします。

一般的な脱毛エステで行われているフラッシュ脱毛とは何なの?

数ある脱毛エステの中でもフラッシュ脱毛がリーズナブルで痛みが少ないと言われています。
フラッシュ脱毛のメリット・デメリットなどはどのようなものがあるのでしょう。

フラッシュ脱毛のメリット

まず痛みが少ないことがメリットの一つとして挙げられます。
フラッシュ脱毛で使用されるライトは、医療脱毛で使われるレーザーと比べて出力が弱いため、痛みが少ないとされています。
人によってはVIOラインや顔の周りなど、皮膚が薄い部分に少し痛みを感じる場合もありますが、輪ゴムで軽くはじかれるような痛みである場合が多いようです。
それからニードル脱毛や医療レーザー脱毛と比較して、費用が安いこともメリットの一つです。

フラッシュ脱毛のデメリット

フラッシュ脱毛のデメリットは、何度も通わなければいけないことです。

フラシュ脱毛は、特殊なライトを浴びせ毛を生やす細胞を破壊することで脱毛を目指すものですが、一度ライトを浴びたからといってすぐに毛母細胞や毛乳頭が壊れるわけではありません。

細胞を破壊するためには、何度かライトを浴びせる必要があります。
また、フラッシュ脱毛では成長期と呼ばれる段階の毛にしかアプローチをかけられませんが、毛によって周期が異なるため、一度にすべての毛にアプローチできるわけではありません。
全ての毛が生えにくい状態にするには何度も通う必要があります。

それから、フラッシュ脱毛の場合は他の脱毛方法に比べて効果がやや薄いというのもデメリットとして挙げられます。
しかし何度も通うといっても1年から2年程度で終了する場合がほとんどです。
また、数年後に毛がまた生えてくる可能性もありますが、ほとんど気にならない程度である場合が多いようです。
その期間だけ脱毛サロンに通えば、痛みもなく比較的安価につるつるな肌が手に入る、気軽で失敗の少ない方法といえるでしょう。

フラッシュ脱毛を受けることを決断する前に、しっかりとそのメリットとデメリットを把握して、納得のいく選択をしていただければと思います。

みんなやってて当たり前?受けやすくなっている脱毛エステについて

女性にとって、ムダ毛のケアはかかせないものですよね。
脱毛エステを検討している方も多いのではないでしょうか。
この記事では、脱毛エステの基本的な情報についてご紹介したいと思います。

脱毛エステの種類

脱毛エステの種類には、大きくニードル脱毛医療レーザー脱毛光脱毛に分けられます。

 

ニードル脱毛は、主に脱毛サロンで行われるもので、この中で唯一永久脱毛と認められている手法です。
どのようなものかというと、毛穴一つ一つに針を刺して、電気を流すことによって、毛根を破壊することで毛を生えなくするものです。

 

医療レーザー脱毛は、主に皮膚科など、医療機関で行われます。
医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応するレーザーを当て、毛や、毛を生やす細胞をレーザーの熱で破壊することで脱毛をする手法です。

 

最後の光脱毛は、基本的なメカニズムは医療レーザー脱毛と同じです。
違う点は、照射パワーの差です。医療レーザー脱毛と比べて、光脱毛のほうが威力が弱いものになります。

脱毛エステは痛くないの?

脱毛エステに痛みがあるかどうかは、脱毛エステの種類によります。
まず、ニードル脱毛の場合は、大人の男性でも泣き叫んでしまうほどの痛みがあります。
毛穴に針を刺して、電流を流すのですから、痛みがあるのは当然といえば当然ですよね。

 

しかし、脱毛効果としては、毛根を死滅させるニードル脱毛が一番高いです。
医療レーザー脱毛の場合は、ニードル脱毛と比べると痛みは少ないですが、やはり痛みはあります。
特に、脇や顔、VIOラインなど、肌が薄くて敏感な部位は痛みを感じやすいようです。

 

ただ、痛みに耐えられない場合、麻酔や笑気ガスを使って施術を行ってくれるクリニックも最近はあるようですね。
最後の光脱毛は、個人差はありますが、痛みは感じにくいと言われています。
痛みを感じたとしても、輪ゴムでぱちんぱちんと軽くはじかれる程度の痛みである場合が多いようです。
痛みが少ないこと、また他の手法と比べてリーズナブルであることから、光脱毛が最も気軽に受けやすい脱毛方法です。

 

それぞれのメリット、デメリットを考慮して、自分の目的に合わせた脱毛方法を選ぶことが重要といえるでしょう。